弁護士はカウンセラーと同じ第三者援助者である

人を援助する目的でいえば、カウンセラーも弁護士も同じです。

しかし、こういった第三者によって当事者の関係が悪化する二次被害が発生していることを知っていますか?
下記のような次世代の弁護士が増えることを願います。
とくに若い弁護士にもぜひ読んでほしいです

●井坂和広 弁護士
「弁護士とカウンセリング・心理療法」

【ポイント】
・相談者や依頼者がカウンセリングを必要としていることに弁護士があまりに無自覚だと、弁護士が加害者になって
二次被害を発生させる危険も出てきます。

・なんちゃってカウンセラー
(変わらなくいいよの優しさ)が間に入っても2次被害にもなる。

・『素人』が法律を振り回すと「目的化」する危険はある。

・大丈夫、かわいそう、つらいの感情移入はダメ。
*素人ナイスアドバイスはさらに状況悪化
前回、ご案内した書籍
「ベテラン弁護士の争わない生き方」 西中 務 氏

 

●なぜ弁護士をやっているの?

弁護士に質問です。

「何のために弁護士をやっているのですか?」

会社員がイヤだからとか、
権威性がありそうだから、ではなく、

ミッション、志です。

自分が生きている意味と価値です。

僕はこの2年半で固まりました。

こんなに真剣にさせてくれた今回の出来事に感謝すらあります。

道は険しいですが、その後ろ姿をみせ、娘たちに自立の素晴らしさが伝われば幸いです。

そのためにどんどん配信していきます。
松下村塾、吉田松陰やアドラー、フランクルのように、死んでもやりとげる熱い想いです!

いま、そんな仲間が数十名と集まり、不要な争いを消すために、弁護士に依存しない社会づくりをどのようにすればいいか、を必死こいて考えています。
●全て娘たち、子どものため

(パパがいない娘の気持ち)

日本がヤバイのに、そして、娘たちのことを考えると今回、長引いた問題に空虚感すら覚えます。
全てのベクトルは娘たちです。

僕たち大人がその可能性を潰しては絶対にダメです!

これは何度も●●さんに伝えてきて、本人は頭がいいので、理解できていました。

ただ、

第三者の意見に左右され過去を捻じ曲げたことが本当に悲しかったです。

・目的のために、理由をつくりだす。
・人の縁を切って、はい、サヨウナラ。
一番苦しむのは子どもたちです。
大人は耐性があるので、もっともっと苦しむべきです。

すでに優しさの見守るレベル1の期間は過ぎています。

いまは、レベル2です。

レベル3は舛添前都知事のように最悪のマスコミ騒動です。

僕らや会社だけでなく、弁護士さんだけでなく、その家族も巻き込むとんでも騒動になります。

それは、絶対に回避しなくてはダメです。
おそらく誰か死人が出ます。

 

●本当の原因がわかると心の悩みの90%は解決できる!

宇宙の上から見下ろすように俯瞰してその人の対人関係をグルグル回る鳥瞰して、相手のココロに入る「虫の目」が大事です。

そう考えると、無視とか無関心とかお父さんに会わさないという(弁護士ルールか分かりません)が、そのような選択肢はなしです。

子どもの気持ちを考えて下さい。
第三者対人援助者として疑問な行為でした。

一般的には弁護士だから、クライアントの味方のみという旧世代の考えがないことを信じます。

正直、レベル1でしたら、問題と解決法はシンプルです。
いまのレベル2の段階でどうすべきか考えてみて下さい。

僕の得意分野インターネットマーケティングでは有名ですが、人工知能の発展により、なくなる職業として弁護士も入っています。(日本もそうなるのでは?)

記事
「人工知能は弁護士を絶滅させていく」

「世界初、人工知能弁護士「Ross」が就職」

 

●もう一度、繰り返します。

井坂和広 弁護士のブログをじっくり見て下さい。

==【抜粋】=========================
相談者や依頼者がカウンセリングを必要としていることに
弁護士があまりに無自覚だと、弁護士が加害者になって
二次被害を発生させる危険も出てきます。 
==================================
一番の被害は、子どもです!

自分がおかれた立場や法律という小さな枠組みではなく、

娘たちのトラウマを考え、今後50年の責任を負うつもりでやるのが、第三者の役目です!

ベクトルを大人に向けると、短絡的要素です。

よくある間違いは、姑との間に板挟みにされたこの苦しい状況から抜け出したい、

そのために別居。
そのために離婚。

その言い訳を探さねば。
原因はわんさか見つかる。

あの時、あなたはこう言った。
私は悲しい、私は不幸。。。(泣)
ってなり、大人は自由になりますが、子どもたちは一生の障害を背負うのです。

そんなことないよ、という素人アドバイスと意見は危険です。

 
●次世代弁護士とは?

「カウンセリングの技術を持つ
次世代弁護士プロジェクト」 育成養成講座

どうでしょう?
人工知能で職を失う中、また争いを助長する悪徳弁護士が謳歌する中、これはあなたにとってもチャンスです。

逆に敵になったり、現状維持のままでも僕にとっては逆風となり、いい材料です。

僕らWEBマーケッターは敵を創り出し、それに対抗する新商品を提案するのが仕事です。


・敵 :パソコンから目に悪いブルーライト
・商品:PC専用メガネ
大人、親やその親はフロイト/ユングを主体とした義務教育に洗脳され、「常識打破」の思考が弱いです。

だからこそ、法やウェブのようなテクニックによる突き合いではなく、「本当の問題はどこか」を探る
神道・仏教的な信念が必要です。

ぜひ、このことを理解してほしい。
もちろん、当事者も自立しないとダメです。

・相続、親による過干渉
・不毛な争いを無くすためにも
僕は自分のミッションを信じ、突っ走ります。
業界破壊と創造!

その手段として、インターネットやSNS拡散、YouTube動画配信、Facebook仲間の
得意分野をいかし、一気に広げる予定です。

すでに、

メルマガ読者:2500人
Facebook(国内):1200人
YouTube登録数: 2000人

の登録ユーザーがいます。
5%でも動いて、恩送り状態できれば幸いです。

ご意見あればメッセージ下さい。

==============================
90分対面カウンセリングも実施中です。
ウェブレッスンとの組み合わせも可能です。

================
メッセージ頂きました
================
K.Kさん(30代主婦)
玉那覇さんの活躍たまにFacebookで見てますよ!
今やれる事を楽しんでやってる玉那覇さんの姿が
周りの人を明るく元気にさせてると私は思っています!
玉那覇さんと会うと不思議と気持ちが元気になりますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − 10 =