吉田民尚 銚子の崖海 油彩 【52%OFF!】 キャンパス 直筆サイン 本日限定

★吉田民尚「銚子の崖海」 油彩 直筆サイン キャンパス

15000円 ★吉田民尚「銚子の崖海」 油彩 直筆サイン キャンパス ホビー、カルチャー 美術品 絵画 ★吉田民尚「銚子の崖海」,15000円,ホビー、カルチャー , 美術品 , 絵画,elle-okina.net,油彩 直筆サイン キャンパス,/meloplasty2010280.html 吉田民尚 銚子の崖海 油彩 キャンパス 直筆サイン 本日限定 吉田民尚 銚子の崖海 油彩 キャンパス 直筆サイン 本日限定 15000円 ★吉田民尚「銚子の崖海」 油彩 直筆サイン キャンパス ホビー、カルチャー 美術品 絵画 ★吉田民尚「銚子の崖海」,15000円,ホビー、カルチャー , 美術品 , 絵画,elle-okina.net,油彩 直筆サイン キャンパス,/meloplasty2010280.html

15000円

★吉田民尚「銚子の崖海」 油彩 直筆サイン キャンパス

★吉田民尚「銚子の崖海」 油彩 直筆サイン キャンパス

首相官邸にも採用された作家です。

作品サイズ: 24.3cm×32.3×2.0cm
作品の状態: 長期保管による擦れ、ヒビあります。
*添付画像をご参照下さい。

銚子の崖
屏風ケ浦は、銚子市名洗町から旭市飯岡刑部岬まで延々10kmにわたる海岸の絶壁です。波の浸食によりできた荒削りの崖です。雄大なスケールで英仏海峡のドーバーの「白い壁」に匹敵するといわれています。東洋のドーバーといわれる素晴らしい眺めです。
映画やテレビドラマ、CMなど、さまざまなメディアにもたびたび登場しています。
2016年3月には、国の名勝と天然記念物に指定されました。


吉田民尚(よしだたみなお)
昭和3(1928) 9月30日 福岡県八女郡笠原村(現八女市黒木町)に生まれる
昭和23(1948) 福岡第一師範学校卒業
昭和24(1949) 第8回創元展に初入選
昭和29 (1954) 第10回日展に初入選
昭和32(1957) 第16回創元展で準会員賞を受賞
昭和41 (1966) 第9回新日展に「崖」を出品し、 特選を受ける
昭和44(1969) エジプトイタリアスペインフランスオランダイギリスドイツ等、 約1年間の研修旅行
昭和54 (1979) 第2回日中友好の船訪中団に参加し、天津.北京,万里の長城大連等、中国研修旅行に出かける
昭和56 (1981) 第40回記念創元展で記念賞を受賞
昭和57(1982) 第14回改組日展に「潮さい」を出品し特選を受ける
昭和63(1988) 第二次世界大戦戦没者供養のため、サイパンに取材
平成5 (1993) 第25回改組日展の審査員となる
平成7 (1995) 創元会の理事長に就任
平成9 (1997) 第29回日展審員となる
平成12 (2000)
「吉田民尚 北京,西安-上海油画展」を開催
平成15 (2003)黒木町町民栄誉賞受賞
平成29年 (2017)88歳没


その他の出品はこちら
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/nuchie_jp








★吉田民尚「銚子の崖海」 油彩 直筆サイン キャンパス

感謝をすると、なぜいいことづくしなのだろう。ー人生ドリル「感謝が健康・人間関係・ひらめきにも良いことを体得(アハ!体験)してみる」

今日の記事では、母校の青学から単位をもって米国オレゴン大学へ編入学して卒業し、15年以上に渡って「サステナビリティ・ESG・気候変動」などに特化した専門翻訳会社を経営しながら再び青学(大学院)へ戻ってMBA(修士号)を取得した私・小山ケイが、自身でようやく体得(アハ!体験)した、「感謝すると健康などに良い」ということについて書いていきます。

(おかげさまで、一日に1,000PV前後読んでいただけるブログに成長しました。このブログを推奨してくださったかたもいらっしゃいます。ありがとうございます!)

<もくじ>
●感謝をすると、なぜいいことづくしなのだろう。ー人生ドリル「感謝は健康・人間関係・ひらめきにも良い、と知ると、いいこと尽くしのループにいられる。一生」
●「感謝」に意識を向けるために私がしていること。
●感謝を表す英語。

(ブログの記事内に掲載の写真はすべて、私・小山ケイの撮影によるものです)

 

 

このブログ「小山ケイ:Feel this precious moment」はいくつかのカテゴリーに分かれています。今日の記事は「徒然なるままに、ひぐらし。」のカテゴリーで書きました。同じカテゴリーの過去記事は下からご覧になれます。

 

 

(執筆や翻訳のご依頼は、郵送にてご連絡ください。107-0052 東京都港区赤坂5-5-9 1F MBE114 小山ケイ。eメールやSNSなどでのご依頼は現在、お受けしておりません)

●感謝をすると、なぜいいことづくしなのだろう。ー人生ドリル「感謝は健康・人間関係・ひらめきにも良い、と知ると、いいこと尽くしのループにいられる。一生」

 

さいきん、「アハ!」体験をしました。笑

というか、ようやく理解したということ。

よく、「感謝することはいいこと」と言いますよね。

私もこのブログで、「感謝する」ということについては何度か触れています。

********************

私は頭痛もちです。

10代のころからひどい頭痛に悩まされることが何度もありました。

バイオリズムのような体の変化によって頭痛がもたらされていることはもちろんですが、さいきん、自分の「思い」に注意してみました。

だれかに「ちきしょー」と思っていると、頭痛が悪化することに気づきました。笑

◆あいつ、あんなこといいやがって。

◆しかえししてやる。

◆こうやったらぎゃふん、といわせられるだろうか。

◆自分が貶められてくやしい。

などなど。

若い頃よりは、こうした思いにとらわれる機会は少なくはなったのですが、それでも数分(いや、15分くらいか)、上記のようなことを想っていると、次第にズキンズキン、と頭痛がしてくるのです。

おもしろい。

ここで、はっとしました。

これかあ!!

英語で言われる、”Universe.”

たしかに、自分の中にありました。Universeは。

Universeとつながらなくては。

そこで私は、恨みつらみの思いを解き放ち、「感謝することがなぜいいのか」を身をもってしらせてくれた(?)相手とUniverseに感謝しました。

「気づきをありがとうございます!」

宗教で言う「執着を離れる」ということかもしれません。

そして、いつもやるように、深呼吸と瞑想をしました。

心身が安定して、血管が広がっていくのが感じられます。

 

憤りや恨みつらみに自分の思いを任せていると、体の血管がちぢこまっていくのがすごくよく分かります。

次第に血流も悪くなって、なんとなく血圧が上昇しているのも分かる。

ごくわずかな自分の中の声を頼りに。

それが”universe”ということなのだと思います。

 

うらみつらみに身を任せるのではなく、「感謝する」ことに集中する。すると、体はそれに反応して、穏やかで落ち着いた状態になっていきます。

そこから、肯定的な思いが広がり、いままでは見えなかった「良いこと」が突然、降ってくる。

行動もできる。

「やってみようか」という気になる。不思議と。

 

表情も自然と笑顔になっています。

自分を囲む動植物にも意識が向くようになります。

そして、自分のまわりの人とも穏やかなやりとりができる。

自分の心身、そしてやることが、丁寧で落ち着いたものになっていくのを、私は自分が「感謝する」ということを改めて学んだことで感じることができました。

 

感謝。

 

●「感謝」に意識を向けるために私がしていること。

★腹式呼吸で意識と呼吸を整える。

★心身が連動していくのが分かったら、自分の「GIFT」や「あたりまえ」と思ってしまっていることを取り上げる。→ 生かされていること、健康であること。住む家があること。爆撃を心配することのない日々を送っていること。

★雑念やうらみつらみがその意識の中に入ってくるときはすぐに、呼吸に意識を向ける。

★呼吸をカウントする。

★「ありがとう」や「感謝します」という言葉を、心の中や実際に口に出してみる。

★人と接するときも、「ありがとう(ございます)」という言葉をつねに意識して口にする。

★「ありがとう」という気持ちをもって人に接してみる。

 

●感謝を表す英語。

★appreciate

★grateful

★Thank(s) .

★gratitude